愛知県蒲郡市で愛される工務店NO.1新築、リフォームなら宏建

無垢・自然素材について

無垢・自然素材ってなに?

そもそも「無垢材ってなに?自然素材ってなに?どんなところがいいの?」と
思っている方は多いのではないでしょうか?

フローリングなどによく使用される無垢材以外の素材として「集成材」があります。
同じ木材なのに「無垢材」と「集成材」がある、というわけです。
それぞれの特徴として、「集成材」とは薄くした木板を、
接着剤で張り合わせて一つのブロック状にした木材で、
一方「無垢材」は丸太から切り出したままの
自然な状態の木材のことを指します。
無垢材は天然材質なので、割れやひびなども入りやすいですが、
集成材などの加工した木材にはない風合いや温かみがあり、
年数が経つほどの独特の質感や色味がでてくるのが特徴です。

裸足が感触がたまらなく気持ちいい!肌ざわりが最高!

無垢のフローリングは感触がたまらない!裸足で歩いたり、ゴロンと寝転がるとあまりの気持ち良さにそのままお昼寝してしまうほどです。無垢材の魅力はなんといっても、ほどよい堅さと温かみ、優しさがカラダに自然と染み渡ることです。

天然のアロマテラピーで心が安らぐ

無垢材は「木」そのまんまの素材のため、まるで自然の中にいるような気分が味わえると共に、「木」そのものの香りも楽しめます。無垢材独特の精油分であるフィトンチッドは、気分が安らぐ効果があるのはもちろんアロマテラピーでも多くの方に愛されている成分も含まれています。嫌なニオイもやわらげてくれる消臭作用もあり、いつも室内は快適な空気で過ごすことができます。

室内の温度や湿度を快適に維持してくれる

天然素材は、その自然で培った「木」本来の強さで、寒さや暑さなどの急激な変化から室内をしっかりと守ってくれるという特性を持っています。夏は涼しく快適に、また冬は包み込む様な暖かさで家族を優しく見守ってくれます。また室内の余分な水分を吸収し湿気や乾燥を防いでくれるのも無垢材ならではの特徴とも言えるでしょう。

人気の無垢材とそれぞれの特徴

オーク(ナラ)

無垢材として代表的な存在の「オーク」。主に昔から酒樽などに使用されていることが多く、そのためしっかりとした材質で重厚感があり傷がつきにくく耐久性に優れていて、それでもって美しい木目も特徴で、使えば使うほど味が出てくる無垢材です。

パイン(マツ)

優しい色合いでナチュラルな雰囲気を出したい場合はコレ。肌触りが優しく衝撃を吸収してくれることから子供部屋などに使用されることが多いです。見た目、機能性を兼ね備えた素材になります。

チーク

無垢材の中でも天然の油分を多く含むチークは、時を重ねると色合いが益々深くなり、この深みのある重厚感を好む方も少なくはありません。程よい堅さもあり水にも強く、年を重ねる毎にその変化を楽しむことができます。

メープル(カエデ)

全体的に明るく、清潔感を際立たせてくれるメープル素材。最近では特に若い夫婦に人気があり部屋全体も明るく気分を高めてくれる効果もあります。素材自体も堅く丈夫あることから比較的お手入れもしやすいのも魅力の一つです。美しい木目柄や光沢がも人気の一つとも言えるでしょう。

バーチ(カバ)

寒冷地に強く育つバーチは木目の柄にバラつきやゆがみがあまりなく、スッキリとした仕上がりになります。性質がサクラと似ているため、日本語ではカバザクラやサクラとも呼ばれることもあり、サクラの代用として使われることもあります。材質は硬く均等で緻密な木肌で、反りなどの狂いが少ないのが特徴です。

タモ

見た目はオークに似た印象ですが、タモ材のほうが比較的明るく、その木目の美しさが特徴の一つといわれるほど、はっきりとした木目が流れており人気の木材です。タモは、反発力が強い木材でもあり、力を加えてもたわむ特性があり、折れにくい木材でとても丈夫な材質です。

ウォールナット(クルミ)

「世界三大銘木」のひとつ、ウォールナット。ウォールナット材の特徴は、耐衝撃性に非常に強く、木肌が美しく、狂いが少ない木材です。
高級家具や工芸品に使用されることも多く、適度の油分を含んでいるので、自然なツヤもあり、使い込んでいくことで味のある風合いになっていき経年変化を楽しむことができる素材です。