愛知県蒲郡市で愛される工務店NO.1新築、リフォームなら宏建

高断熱・高気密について

高断熱高気密住宅のメリット

高気密高断熱住宅と、壁・床・天井などに断熱材を使って高い断熱性・気密性を実現した住まいのことです。メリットとしましたは、外気温の影響を受けにくく密閉性が高くなるので、冷暖房効率(省エネ効率)が高くなり、光熱費が抑さえられます。機密性が高いので、家全体が均一に暖められ、温度差が生じにくいのが特徴です。冬場のヒートショックも軽減することが出来るので安心です。宏建では、硬質ウレタンを使用し、水を使って発砲させます。フロンを全く使用しない地球に優しいウレタンフォーム素材です。直接吹き付けて発砲させるので、隙間なく優れた機密性で吸音性対策にも優れています。気温差が少ないので、結露が発生しにくくなります。結露はダニやカビを発生させ、アレルギーなどを引き起こす原因になるので、防げることは大きなメリットです。また、家庭内の生活音や、車の騒音・雨音などが気になるという方にもおすすめです。

高断熱高気密住宅のデメリット

夏は逆に暑くなるというデメリットもあります。高気密・高断熱住宅にする前に、デメリットも知っておく必要があります。高い断熱性・気密性に優れた住まいの室内には熱がこもりやすくなるので、夏場は暑さの影響からエアコンの稼働が必要です。高断熱・高気密住宅は24時間換気が義務付けられており、冬場は特に湿度を外に追い出してしまうので、乾燥を引き起こす可能性があります。

後悔しない家づくりの重要なポイント

高気密、高断熱ということは、見方を変えると、室内の空気が循環しにくくなってしまうため、「高気密高断熱」だけでは、空気もこもり、湿気もたまりやすくなります。快適で健康的な暮らしをするための高性能住宅なのにそれでは家を建てた後に後悔することになってしまうかもしれません。効果を最大限生かすためのポイントは、ズバリ「換気」です。気密性と断熱性が優れているからこそ、外気を取り入れ、家の中の空気を循環させることです。このポイントをおさえれば、夏は涼しく冬はあたたかい、健康的で、快適な暮らしが実現します。